足のむくみ

足のむくみはなぜ女性に多い?

多くの女性が抱えている足のむくみの悩み。どうして女性ばかりこの悩みを抱えてしまうのでしょう。そこには女性ならではの体質や生活環境と足のむくみの原因との間に深い関係が潜んでいます。

足のむくみの多くは静脈・リンパの流れが滞ることで起きる

足のむくみの原因と病気

足のむくみの根本的な要因となるのが静脈・リンパの流れが滞ることです。静脈は動脈から全身を巡っていった血液を心臓へと戻す血管のこと。体内を巡る過程で老廃物や毒素を回収する働きがあるのです。リンパは全身に巡らされているリンパ腺のことで、体のあちこちにリンパ腺が集まるリンパ節があり、これも体内の老廃物・毒素を回収する働きがあります。つまりこれらの流れが滞ってしまうと老廃物・毒素が体内に蓄積したり、余分な水分を溜め込みやすくなってむくみが生じてしまうのです。

 

女性はこの静脈・リンパの流れが滞りやすいといわれます。理由としてはまずホルモンバランスが乱れやすいこと。生理周期のなどの影響でホルモンバランスが乱れやすく、自律神経のバランスが崩れることで血行不良に陥りやすくなります。自律神経のうち、交感神経は血管を収縮させる働きがあるからです。

スポンサードリンク

 

下半身の筋力不足は下肢静脈瘤の原因となることも

それから生活環境。男性に比べてもともと筋力が少ないうえに運動をする習慣が少ないため、どうしても血行不良に陥ってしまいがちです。下半身の血流はただでさえ心臓まで遠く、重力に逆らう形で流す必要があるのですが、それをサポートするのがふくらはぎの筋力。それが弱かったり、衰えたりするとうまく心臓へと押し流すことができずに足のむくみの原因となります。この下半身の筋力不足は下肢静脈瘤の原因となることもあるので注意が必要です。他にも無理なダイエットや睡眠不足、立ちっぱなしの仕事や長時間のデスクワークなど同じ姿勢を長時間続けることで足の血行が滞ってむくむケースもあります。

 

もうひとつ注意したいのが病気。先にあげた下肢静脈瘤のほか、体内の毒素を分解したり代謝する肝臓や腎臓に異常が生じた場合にむくみが生じることがあります。女性の場合は加えて妊娠中毒(妊娠高血圧症候群)鉄欠乏性貧血などにも注意が必要です。