足のむくみの原因と立ち仕事

同じ姿勢で動かないと足のむくみの原因になります。

足のむくみのおもな原因は血行不良。下半身の血流が悪くなることで血液が老廃物や水分を回収できなくなり、むくみとなって蓄積していくのです。この血行不良は低体温など健康上の問題でも生じますが、日常の生活習慣も大きな要因となります。

同じ姿勢で動かないと血行不良から足がむくむ原因に

とくに注意したいのが同じ姿勢で動かない環境。長時間の立ち仕事・デスクワークを担当している場合、どうしても長い間同じ姿勢を維持してしまうため、血行が悪化してしまうのです。立ち仕事・デスクワークの途中によくつっぱりやこわばりを感じている人は要注意です。

 

女性の社会進出が進んだことで同じ姿勢で動かないことが足のむくみの原因となるケースが増えています。厄介なのは早めに対策を行っておかないとむくみだけでなく、さまざまな問題を引き起こすことになります。下肢静脈瘤はその代表格ですし、美容上の問題では余分な水分と脂肪が結びつくことで生じるセルライトの問題もあります。できるだけ早い段階での対策が求められるのです。

スポンサードリンク

 

適度に足を動かすことが予防法になる

基本的な対策方法は簡単です。できるだけ同じ姿勢を長時間維持しないようにすること。パソコンを使ったデスクワークではどうしても長時間集中してしまいがちですが、適度に休憩を挟んで体を動かしましょう。目や肩の背中の疲れを感じてほぐすことはしても下半身をほぐすことはしない人が多いので注意しておきたいところ。

 

座りっぱなしでのむくみに対してはそけい部と膝裏、つまりリンパの流れが集まるリンパ節がある部分をケアすることがポイントとなります。長時間同じ姿勢で座っているとどうしてもこの部分がこわばってしまいますから、適度なタイミングを見計らって動かしたり、膝の裏を軽く擦って刺激するなどの対策を行いましょう。

 

立ち仕事の場合にはできるだけ動かすよう心がけること。突っ立ったままが1番良くありません。仕事によっても異なりますが、できるだけ休息を挟むことも大事です。日常生活の習慣で生じるむくみですから、できるだけ日々の生活の中で解消を目指しましょう。