足のむくみと妊娠中毒

足のむくみと妊娠中毒にはどんな関係があるのでしょうか?

妊娠中は全身にさまざまな症状が見られます。そのひとつに妊娠中毒があります。現在では「妊娠高血圧症候群」が正式な名称として使用されています。その正式な名称からも窺えるように、妊娠中に血圧が上昇するのがこの病気の大きな特徴です。

妊娠高血圧症候群が正式な名称で妊娠中に血圧が上昇するのが特徴

かつては妊娠中の足のむくみによって妊娠中毒と判断されていましたが、現在では高血圧蛋白尿むくみのうち1つ、もしくは2つ以上の症状が見られたうえでさらに妊娠の偶発合併症ではない場合に妊娠中毒(妊娠高血圧症候群)と診断されるようになっています。この定義や名称の変更は妊娠中毒はむくみよりもむしろ高血圧の方が重大な影響を及ぼすこと、また妊娠中のむくみの原因が必ずしも妊娠中毒によるものと限らないことなどが理由として挙げられます。

 

妊娠8ヵ月くらいから発症するケースが多く、妊婦全体の10パーセントに見られるといいます。それだけに決して珍しい病気ではなく、妊婦なら誰でもかかる可能性があります。症状は高血圧がもたらす血行不良。足のむくみも血液の流れが滞った結果として生じます。問題なのはこの血行不良の影響が本人だけに留まらないこと。胎児は血液を通して母親から栄養や酸素を受け取っています。そのため血流が滞ると胎児の成長に支障が生じてしまうのです。最悪の場合栄養不足のため仮死状態に陥ってしまうこともあります。それだけに単に足のむくみの原因として捉えるわけにはいかないのです。

スポンサードリンク

 

ホルモンバランスの乱れや鉄分不足による貧血などが主な原因

おもな発症原因はホルモンバランスの乱れ。そのほか妊婦に良く見られる鉄分不足による貧血、運動不足、食べすぎによる塩分過多やカロリー過多など。妊娠中の生活環境によって発症リスクが高まるケースがあるので注意しましょう。妊娠の初期段階に発症した場合ほど症状が重くなる傾向があります。

 

このように、妊娠中毒(妊娠高血圧症候群)は胎児にも影響を及ぼす厄介な病気です。妊娠中は定期的に検査を受けるのはもちろん、足のむくみが気になった場合にもできるだけ早く医師の診察を受けるようにしましょう。