足のむくみと脚気

足のむくみと脚気にはどんな関係があるのでしょうか?

脚気といえば明治時代頃までは大変恐ろしい病気として扱われていました。実際当時は多数の死者を出していました。しかしその後の食環境の改善や栄養学の発展によって死をもたらす病気としての面はほぼ消滅しました。しかし現代になって改めて脚気が発症するケースが増えています。命に関わることはありませんが、足のむくみなどさまざまな症状をもたらします。

アルコールやインスタント食品を多く摂取している人は要注意

どうして現代になって脚気の問題が浮上するようになったのでしょうか。その理由は偏った食生活。脚気はおもにビタミンB1が不足することによって生じる病気です。栄養学の発展と食生活の充実によってこの問題が解消されたのが脚気を死をもたらす病気としての面を消滅させた最大の要因なのですが、食生活間充実している現代社会で再びビタミンB1の不足が問題になっているのです。理由は2つ。まずビタミンB1そのものの不足。野菜不足やダイエットでの無理な食事制限によってビタミンB1の摂取量が不足している人が増えているのです。さらにビタミンB1は水に溶けやすく、摂取しにくいため食事での摂取が難しい面もあります。

 

もうひとつの理由はビタミンB1の消費量の増加。糖質を分解するためにビタミンB1は大事な役割を果たすのですが、糖質の摂取量が多すぎると大量に消費されてしまい、体内で不足してしまうのです。とくにアルコールやインスタント食品を多く摂取している人は要注意です。

スポンサードリンク

 

足のむくみの他にしびれや動悸、息切れなどの症状が現れる

脚気の症状としては足のむくみのほか、しびれ動悸息切れなどが挙げられます。昔はよく椅子に腰掛けた状態で膝の下のくぼみを叩いて足が上がるかどうかで判断したものですが、これも脚気が発症すると足にしびれが生じるからです。

 

現代社会ではそれほど恐ろしい病気ではなく、ビタミンB1の摂取・補給や禁酒をはじめとした食生活の改善によって治療することができます。大事なのは早い段階で医師の診察を受け、正しい診断を受けること。過去の病気、と油断せず自らの食生活を見直してみてはいかがでしょうか。