足のむくみの予防

足のむくみの予防法として冷やさないことが挙げられます。

足のむくみの予防においてもっとも重要なのが冷やさないこと。もちろん、運動や筋力の不足や塩分と摂り過ぎ、ストレス、骨格の歪みといった足のむくみをもたらす原因への対策も重要な予防対策となりますが、多くの女性は知らず知らずのうちに体が冷えてしまい、それが足のむくみの原因となっていることが多いのです。そのため日々の生活の中で意識的に体を冷やさない対策を行っていく必要があります。

生活の中で意識的に体を冷やさない対策を行っていく必要がある

体が冷えると血行が滞ります。その結果体内の老廃物や毒素が蓄積し、余分な脂肪を溜め込みやすい状態になるのです。さらに進行すると脂肪と結びついてセルライトができてしまったり、下肢静脈瘤が生じるなど厄介な問題を抱えてしまうことになります。

 

では体を冷やさないためにはどうすればよいのでしょうか。まず日常生活の環境を見直すこと。夏場冷房が効きすぎた環境で過ごしていないでしょうか? とくにオフィスや店舗で働いている人は要注意。過剰なくらい効いたエアコンが体を冷やしてしまいます。しかも単に冷えるだけでなく、体温の調節機能を乱してしまうため冷えが慢性的な状態になってしまうのです。職場の冷房の温度を変更するのは難しいでしょうから、羽織るものや膝に乗せるものを用意して冷えを防ぎましょう。

スポンサードリンク

 

意識して体を温める食べ物を摂ることも大切

食生活も体を冷やさない対策として重要なポイントとなります。冷たいものばかりを食べていると体が冷えやすくなります。対策方法としては体を温める効果を持つ食材を意識して食べること。たとえば唐辛子には血行を促進するカプサイシンという成分が含まれているのでオススメです。それから体の冷えや冷えがもたらす体の異変を改善する効果がある成分を摂取すること。保温にはたんぱく質が欠かせませんし、自律神経の乱れを防ぐためにはビタミンB群やビタミンC、ビタミンEが役立ちます。たんぱく質はダイエット中に減らしてしまいがち、ビタミン群は野菜不足から日常的に不足がちですから意識して摂取しましょう。

 

体が冷えているな、と思ったら足湯やツボ、マッサージなどを上手く活用してむくみの予防を行っていきましょう。足の末端を冷やさないこと、リンパマッサージなどを活用して蓄積した老廃物・毒素や余分な水分をうまく排出させることがポイントです。