足のむくみとセルライト

足がむくむとセルライトができやすいのはなぜ?

美容・ダイエットの最大の大敵といってもよいのがセルライト。一度できると除去するのが困難なため、大きな障害となります。しかも成人女性のおよそ8割に見られるといわれており、決して珍しい症状ではありせん。
このセルライトは下半身にできやすいのが特徴です。ふくらはぎからひっぷにかけて、大きなセルライトができると肌の表面が凸凹な状態になってしまいます。滑らかで美しい肌を目指している女性にとっては大きな問題となるのです。

セルライトは足のむくみがきっかけで生じることが多い

じつはこのセルライト、足のむくみがきっかけで生じることが多いのです。その理由はセルライトの正体と深く関わっています。簡単に言ってしまえばセルライトとは体内で脂肪細胞と老廃物が結びついたことによって発症したものです。足のむくみは老廃物や余分な水分が蓄積したことによって生じますから、脂肪細胞と老廃物が結合しやすい状態になってしまうわけです。

 

足のむくみのおもな原因は血行とリンパの流れが滞ること。それが老廃物を蓄積させる要因となるのです。そこにセルライトができると老廃物と結びついた脂肪細胞が肥大化し、毛細血管とリンパが切れてしまいます。その結果ますます老廃物を溜め込みやすい状態になり、症状がどんどん進行していく悪循環に陥ってしまうのです。

スポンサードリンク

 

無理に揉んだり、激しい運動をするとかえって悪化することもある

問題なのは通常の脂肪と違い、食事制限や運動で減らすことが難しいこと。一度出来てしまうと除去するのが難しい理由もそこにあるのです。

 

ですから、セルライト対策はまず足のむくみを改善すること。老廃物が脂肪細胞と結びつかないような環境を作るのです。またセルライトが出来てしまった場合にもむくみ対策とデトックスを行い老廃物の排出を促すことで改善効果が期待できます。無理に揉んだり、激しい運動をするとかえって悪化することもあるので注意しましょう。

 

足のむくみはすべての女性が抱える悩みといっても過言ではありません。だからこそ、成人女性の8割にセルライトが見られるのです。セルライトができる前にできるだけ早い段階で足のむくみ対策を行うよう日ごろから心がけましょう。