足のむくみと睡眠

睡眠環境も足のむくみの原因となります。

足のむくみで注意したいのが睡眠不足です。忙しい現代人は仕事に追われて満足に睡眠もとれない環境を送ってしまいがちです。そんな日々の睡眠不足が足のむくみをもたらしてしまっているケースもあるのです。

睡眠不足は老廃物の排出を妨げ疲労の蓄積を生む

睡眠は体を休息させる重要な機会ですが、それだけではなく成長ホルモンの分泌を増やし、新陳代謝を活発化させる時間でもあります。よく美容方面では午後10時〜午前2時までの間がもっとも新陳代謝が活発になるためこの時間帯になるべく睡眠をとるよう推奨されています。新陳代謝は単に肌を新しく生まれ変わらせるだけでなく、体内の余分や老廃物を排出する働きもあります。そのためむくみの原因となる老廃物や毒素を除去する上での重要な意味があるのです。

 

そのため、睡眠不足が続くとこの新陳代謝がうまく機能しなくなり、老廃物の排出が上手くいかずに溜め込みやすくなります。さらに疲労が抜け切れずに溜まっていくことで血流も滞りがちになり、老廃物の回収もうまくいかなくなります。ダブルパンチで足がむくみやすい環境が作られてしまうわけです。

スポンサードリンク

 

睡眠環境の悪さも足のむくみの原因となるので要注意

注意したいのは単に睡眠時間が短いだけではなく、睡眠環境の悪さが足のむくみの原因となるケースもあること。現代人に増えている睡眠障害が該当します。睡眠時間、つまりベッドに横になる時間はしっかり確保できているにも関わらず質の高い睡眠がとれない。ベッドに入ってもなかなか眠れない、途中何度も起きてしまう、起きる予定の時間よりもずっと早く起きてしまうといった睡眠障害を抱えているとやはり足のむくみが起こりやすい状態となります。

 

そのため、睡眠時間を確保するだけでなく、快適な睡眠をとれる環境作りが大事です。就寝前には脳を刺激するパソコンやゲーム、携帯電話は避けること、カフェインの飲み過ぎには注意すること、心身のストレスをなるべく溜め込まないようにすること。まずは生活環境の中で睡眠の妨げになるような要因を排除していくことが重要になるでしょう。ストレスや運動不足はそれだけでも足のむくみの原因となるだけにその解消が重要なポイントとなります。