足のむくみと骨格の歪み

骨格の歪みもまた足がむくむ原因になります。

女性によく見られる足のむくみの原因が骨格の歪みです。背中から骨盤にかけての骨格が歪んでいることで健康にさまざまな影響をもたらすのです。骨格が歪んでいると体全体のバランスが悪くなり、特定の部分に負担がかかりやすい状態になります。その結果血流が悪化したり、脂肪が蓄積しやすくなるといった問題が生じます。

骨格の歪みによって筋肉のバランスが崩れ、血流に影響する

もう少し詳しく見てみましょう。骨格が歪むことでよく使用する筋肉とそうでない筋肉が出てきます。その結果筋肉のバランスが崩れてしまい、血流に影響が及ぶのです。とくに体のバランスの悪さは下半身に影響が及びやすく、血行不良によって老廃物や毒素を溜め込みやすい状態を作ってしまいます。

 

また、骨盤が歪むと脂肪を溜め込みやすい状態を作ることもあります。骨盤が歪んだり開いてしまうことで内臓が下に下がってしまい、それを守るために体が脂肪を溜め込みやすい状態を作るのです。その結果下半身太りが進んでしまい、足が太くなるほか、ますます血流が悪化してむくみやすい状態になってしまいます。

スポンサードリンク

 

女性は特に長時間のデスクワークやヒールの高い靴に要注意

こうした骨格の歪みは日常生活の習慣で起こりやすいので注意が必要です。たとえば長時間のデスクワーク。同じ姿勢で長時間いることが足のむくみの大きな原因とされていますが、それだけではなく、足を組んだり体を傾けた姿勢を長時間維持していると骨格の歪みをもたらす原因ともなります。つまり足のむくみの直接・間接両方の原因となるわけです。とくに女性は足を組んだ姿勢を長時間続けることが多いので注意が必要です。

 

それからヒールの高い靴。これも下半身の血流を悪化させ、むくみやすい状態を作る要因ですが、不自然な歩き方を強いることで足のむくみの原因を作ります。他にも一方の側だけでショルダーバッグを下げる習慣なども注意が必要です。

 

では骨格が歪んでしまった場合にはどうすればよいのでしょうか。整体などに通って専門家にケアしてもらうのが1番の近道ですが、それではお金も手間もかかるという人は自分で出来るエクササイズがオススメです。ネット上でも骨格矯正に役立つエクササイズが紹介されていますから、むくみ対策の一環として試してみてはいかがでしょうか。