足のむくみと肝臓

足のむくみと肝臓にはどんな関係があるのでしょうか?

足のむくみの原因に病気が潜んでいる可能性もあります。その中でもとくに注意したいのが肝臓の病気。肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれるように、異常が生じた場合でもなかなか自覚症状が現れず、気が付いた時には深刻な状態にまで進行してしまっていることが多いからです。

肝臓の病気は自覚症状が無いまま進行するので注意が必要

そんな肝臓の病気によって生じる足のむくみを肝性浮腫と呼んでいます。特徴としては足のむくみのほかに腹痛黄疸手足に生じる紅斑といった症状が伴うこと。重症化すると腹水や意識障害が起こることもあります。

 

足のむくみの原因となる肝臓の病気は肝硬変です。これは肝炎が慢性化したことによって肝細胞が小さく、硬くなってしまう病気のことで、その結果として肝臓の機能が低下していきます。肝臓は体内の毒素を分解する働きがありますが、その機能が肝硬変によって低下することで毒素が体内に残ってしまい、蓄積することでむくみをもたらすのです。

スポンサードリンク

 

肝炎ウイルスやアルコールが原因で発症することが多い

この病気の原因は多岐にわたっており、複数の要因が絡んで発症するケースも見られます。もっとも多いのが肝炎ウイルスによる感染症。その次に多いのがアルコールです。アルコールが好きな人は注意した方がよいでしょう。そのほかの原因とした免疫機能の異常や薬剤・毒物によるもの、うっ血性、胆汁うっ滞性、栄養・代謝障害、寄生虫などの感染症などが挙げられます。

 

肝臓は一度機能が損傷を受けると治療が難しいといわれています。おもな治療方法としては禁酒をはじめとした生活指導、そのうえで薬物療法が選択されます。ウイルス性肝硬変の場合は薬剤を使用した抗ウイルス療法が行われます。こうした治療でも思ったような効果が得られなかった場合には肝移植が行われます。

 

この病気が怖いのは肝臓ガンを併発することが多いこと。そのため早期発見・治療が望まれます。原因がよくわからず足のむくみや腹痛に悩まされるようになった場合には肝臓の病気を疑ってみて医療機関の診察を受けるようにしましょう。